EasyDriver(モータードライバー)でステッピングモーターを回してみる。


実は、Arduinoよりも先の3/2(月)に届いてた。
01_DSC_0001
02_DSC_0002
03_DSC_0317
04_DSC_0318


えっと、多分だけど Easy Driver v4.4 かな。
EasyDriver_V44_Description



参考)Easy Driver Stepper Motor Driver
http://www.schmalzhaus.com/EasyDriver/


ハンダせなあかんのか、メンドクサイなぁ。
05_DSC_0319


ブレッドボードに足を挿す。
06_DSC_0320


のっける。
07_DSC_0321


ハンダする。
08_DSC_0322


ってのを4回も、、、メンドクセ。
09_DSC_0323


で、1個をこんな感じに挿す。
10_DSC_0330


繋げる。
11_DSC_0334

あ、今回はモーターの黒と白は使ってない。
ユニポーラなんだけど、バイポーラみたいに使ってるんで。


ごちゃごちゃしてるけど、図にすればこんだけのこと。
12_GRBL_1

Arduinoからは2本の線だけで済む。
EasyDriver(モータードライバ)がうまいことモーターを回してくれるってこと。


回すだけのテスト実施。
13_Example_1

問題なく動いたぜぃ。


今度は、AccelStepperライブラリを使用して動かしてみる。
14_Example_4

時計周り、反時計周り、を繰り返しで動いたぜぃ。


前回使用したStepperライブラリは複数のモーターを同時に動かせない。
また、モータードライバーにも対応してない。

で、探して見つけたのがAccelStepperライブラリ。
これなら複数個のモーターを同時に動かせるしモータードライバーにも対応してるのさ。


関連記事)[Arduino] AccelStepperライブラリ
http://slilabo.com/archives/1022281279.html


3つのモーターを同時に動かす予定なのでこんな感じに。
15_DSC_0329


モーターをこんな感じに繋げばOKなはず。
16_GRBL_3


3つ同時はまだまだ先の話だけどね。


---

参考記事)Arduino関連
http://slilabo.com/tag/Arduino

---

スポンサード・リンク