ステッピングモーターを動かしてみた。


モーターのコードを処理してハンダ付け。
01_DSC_0270


久々にやったらなんかコツ忘れてる感じ。。。
02_DSC_0272


モーターの電源取ることのハンダ付けもやる。
03_DSC_0271


細かいが、なんとかでけた。
04_DSC_0273
05_DSC_0275

このまま使うのはおっかねーからテスターでチェックした。
大丈夫みたいだ。


モーターの電源はこれにする。
06_DSC_0276

9V、2.5A、のACアダプター。


で、こんな感じに繋げる。
07_DSC_0279

あ、モーターに付いてる黒いのは回転がわかるように付けたビニテね。


繋ぎがよくわかんないと思うので、図をのっけとく。
08_Stepper

トランジスタアレイはTD62003APGね。

Arduinoの電源はUSBから5V。
モーターの電源はACアダプターから9V。

グランド(GND)は繋げてるからこれでOKなはず。


ArduinoIDEでプログラムを書く。
09_スクリーンショット_書込後

今回は詳しく書かないが、たったこれだけでOK。

初期処理として、1分で60回転(60rpm)に設定してる。
で、1回転して1秒休むってのを延々続ける。


さて書き込んで動かしてみると。。。

おーーー、動いたぜぃ。
ブゥーーーン、、、ブゥーーーン、、、ブゥーーーン、、、とな。


いやぁー、物が動くと面白いね。


---

参考記事)Arduino関連
http://slilabo.com/tag/Arduino

---

スポンサード・リンク